2015/16シーズンを終えて

先日行われたV・チャレンジマッチを終え、VC長野トライデンツの2015/16シーズンが終わりました。

今シーズンはVリーグという夢のステージで戦うことが決まり、チームを立ち上げた頃の夢が叶った瞬間でもありました。

本日の岡谷市民新聞社様の記事に書かれていた藤沢選手のコメントのように「体育館が使える日でも3,4人しか集まらず、ネットを張らずパスだけで終わる日もあった」を読んでそんな日ばかりだったなと思い出しました。体育館使用料も払えるお金もなく、現メンバーで言えば自分と宮澤コーチ、藤沢、小池でよく体育館の周りを走ってばかりでした。

それでもいつかは必ずVリーグで試合ができると自分は信じながらやってきて、その夢物語に付き合って辞めずに共に活動してきてくれたメンバーには本当に感謝する年でした。

毎年勝てない事ばかりで、いつになったら勝てるんだろうと思いながら活動する日々もありました。

本当につらいことだらけの毎日でしたが、なんの為にこんなつらい事をするんだろうと思っていた答えが見えた2015/16シーズンとなりました。

11月から開幕したV・チャレンジリーグⅡ男子、エスコートキッズと手を繋いでコートへ入場する選手を見て夢の舞台に立てた事を実感し、勝てない事が当たり前だったチームが開幕13連勝。ホームゲームでは体育館がいっぱいになるほどの応援。リーグ最終戦のホームゲームで優勝。千葉県船橋市で行ったチャレンジマッチにも約100人の応援。そしてみんなで掴んだ昇格の権利。

喜んでる応援席を見た時にやってきて良かったと、1つ形にできて良かったと思える光景でした。

本当に皆様からのお力添えがあり、こうして1シーズン戦えて結果を出す事ができました。

心から感謝申し上げます。

来季は「チーム」「パートナー」「地域」の輪をもっともっと広げ、うまく行かない時こそ「原点」に戻り、選手もスポンサー様もサポーター様も1つになり、長野県から日本のバレーを変えていけるようなクラブにしていきたいと思います。

今後もご支援・ご声援のほど宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。

VC長野トライデンツ

スタッフ、選手一同より

メンバー全体写真1

 


2015/16シーズンを終えてへのコメント - 3件

  1. 千葉の審判員 より:

    おめでとう御座います
    かれこれ地域リーグからのお付き合いでした
    来期お会いできないのは残念ですが 陰ながら応援しています

  2. 内藤 宗(ないとう そう) より:

    V・チャレンジリーグⅠ昇格おめでとうございます。かつてV・プレミア昇格寸前にいった東京ヴェルディ相手にセット率で勝つとはビックリしました。さらなる厳しい戦いになると思いますが、それは覚悟の上に戦い抜いてほしいと思います。これからもガンバ!VC長野トライデンツ!

    • sasagawa より:

      内藤様
      ありがとうございます!
      名門クラブとの対決で勝利できて嬉しかったですが、同時に今のままでは通用しない事なども学びました。
      来季はもっと成長した姿を見てもらえるよう精進して参りますので応援宜しくお願い致します。

コメントを残す

 
 
 
コメント