2016/17シーズン終了のご挨拶

2/26のリーグ最終戦を終え、VC長野トライデンツの2016/17シーズンが終了となりました。

はじめに、この1シーズンを通して日頃からVC長野トライデンツを応援してくださいました皆様、本当にありがとうございました。ホームゲームでは沢山の方々が会場に足を運んでくださり、そして大きな声援で選手を後押ししてくださいました。動員数、大会運営などリーグ№1のホームゲームだと強く感じました。

チームは13勝8敗の勝点41で第3位という結果でした。昇格から初参戦でこのような結果を出した選手達は本当によく頑張ったと思います。それでも最終戦後の峰尾選手の涙を見て選手達は「悔しい」という気持ちが強いシーズンにもなったことだと思います。「入替戦」という上位2チームにしか与えられない資格を掴みかけてからの失速。これがリーグの難しさでもあり、まだまだVC長野の弱い部分だと感じました。

このリーグを勝ち抜く為には、もっと「強く」て「太い」チームを築き上げなければいけないと感じました。

来シーズンは必ず「優勝」を自分達で掴み獲り、「昇格」を果たしたいと思います。

もっともっと「チーム」「パートナー」「地域」の力を強くして挑むシーズンにしたいと思います。

今後ともVC長野トライデンツを宜しくお願い致します。

1シーズン通してご声援を頂き、本当にありがとうございました。

 

一般社団法人VC長野クリエイトスポーツ

代表理事

笹川星哉

 

 


コメントを残す

 
 
 
コメント