NO19 村松 : 南箕輪わくわくクラブオープニングセレモニーへ参加!

こんにちは!!#19村松です!!今回は南箕輪村で開催されたNPO法人南箕輪わくわくクラブの開校イベントとバレーボール教室にスタッフ、選手を含め10名で参加させていただきました。
南箕輪村では総合型地域スポーツクラブとして村をあげてスポーツ活動を盛り上げています。ここまで地域が一体となってスポーツ活動を支えている地区はなかなかありません。そんな南箕輪村を拠点に活動させていただけることに感謝の思いでバレー教室をさせていただきました。
image1
今回のバレー教室は小学生男女、中学生男女総勢55名が集うバレー教室になりました。それぞれカテゴリも違う子どもたちでしたので、「レシーブとスパイク」にテーマを絞り指導させていただきました。
image2
スパイク指導では、小学生、中学生一人ひとりの課題克服のため、それぞれの部門に分かれて選手が指導にあたりました。スパイクのスイングフォームからボールヒットのコツ、ジャンプからスイングまでの動きなど、課題に合わせて指導することができました。
image3
レシーブ指導では、小学生はパスを行う際のタイミングや体の使い方、中学生では実際に選手の動き方を見ながらイメージを高め、レシーブの際の目の配り方や考え方なども指導することができました。中学生はどうしてもボール裁きに指導が集中しますが、相手スパイカーの見方やそのときの考え方などの「よみ」を伝えることができました。
image4
中学生にはセッター指導も行いました。中学生で一番大切になってくるセッター技術について時間をかけてしっかり伝えることができたのはとてもよかったです。
image5
教室の後半は小学生、中学生、そしてVCの選手も入れた交流試合をおこないました。普段同じバレーボールに関わる仲間として、小学生から大人まで一緒に試合をして交流することができとても幸せな時間でした。
南箕輪村のみなさん、これからも一緒に地域を元気にしていきましょう!!


コメントを残す

 
 
 
コメント